受験者の殆どが陥ってしまうノート作成のワナと、効率的なメモの取り方

受験者の殆どが陥ってしまうノート作成のワナと、効率的なメモの取り方

受験者の殆どが陥ってしまうノート作成のワナと、効率的なメモの取り方

 

このサイトを運営していると、勉強法に関する様々な質問を受けますが、
その中でも結構多いのがノートの取り方についてです。

 

テキストの補助として、
自分オリジナルの教材を作るという発想です。

 

学校でも、最もポピュラーな勉強スタイルだと思います。

 

ただ敢えて言うのであれば、
私はこの勉強法はかなり非効率だと思っています。

 

現に、私はノートを作成するという事はありませんでしたし、
合格した今となっても、ノートを作る必要はなかったと感じています。

 

そこで今回は、多くの人が誤って捉えている、
ノートの罠について書いていこうと思います。

手段の目的化という、ありがちな問題

受験者の殆どが陥ってしまうノート作成のワナと、効率的なメモの取り方

 

では、なぜ簿記を勉強するに当たって
ノートを否定しているかという話ですよね。

 

結局、私がノートを否定している最大の理由は、
手段の目的化がどうしても起きてしまうからです。

 

つまり、ノートを綺麗にしたり見やすくする事にばかり意識がいってしまい、
「覚える」という部分がおろそかになってしまうのです。

 

綺麗なノートを作って、自己満足するためだけのノートになってしまうのです。

 

しかもあろう事か、ノートを書きっぱなしで終わってしまい、
一回も復習しないというケースすら珍しくありません。

 

これは、本末転倒ですよね汗

 

 

また、ノートを綺麗に作ろうとすると時間がかかります。

 

色を変えたり、字を綺麗に書いてみたりしているうちに、
あっという間に時間が過ぎてしまって、
結局全然勉強が進まなかったというような話は、良くあることです。

 

 

当然ですが、
ノートを取るのは、あくまでも簿記の独学を補助し合格するためです。

 

この点だけは、忘れてはいけないです。

 

また、勉強した事項をノートにまとめるというのも、絶対にやめましょう。
まず間違いなく、綺麗にまとめることが目的となります。

 

絶対にやめてください。

 

 

仮に、もしノートにまとめるとしても、
マインドマップをさっと書くだけにしておくなど、
その程度にとどめておきましょう。

 

その場合でも、ノート作りには時間をかけないという事は、
常に念頭に置いておいてください。、

 

参考:
参考書を読んだだけでは記憶できる訳がない|更に効率的な記憶法とは

独学でもFPに最短最速で合格するには、スケジュール管理を徹底する!!

 

 

おすすめのメモ方法

受験者の殆どが陥ってしまうノート作成のワナと、効率的なメモの取り方

 

では、覚えたいと思った事項に関しては、
どのようにして覚えていったらよいのでしょうか??

 

私のお勧めは、テキストへの直接書き込みです。

 

気になったことを、該当箇所にどんどん書き込んでいって、
自分だけのオリジナルの参考書にしてしまうのです。

 

勉強時間が、圧倒的に短縮されるはずです。

 

 

テキストを汚すようで、気が引ける人も少なくないとは思いますが、
このやり方のほうが、ノートを作るよりも圧倒的に効率的です。

 

また、直接テキストに書き込んだ方が、
メモの内容に関連する箇所もすぐに見れるようになりますから、
より体系的に知識を吸収できるようになります。

 

更に、テキストに書き込んだ時の記憶や、書き込んだ時に考えていたことなども、
合わせて思い出すことが出来るのです。

 

 

どうしても、テキストを汚したくない人は・・・

受験者の殆どが陥ってしまうノート作成のワナと、効率的なメモの取り方

 

それでも、どうしてもテキストを汚したくないという人が
いるのではないかと思います。

 

なんか、もったいない気がしてしまうのも、分からなくもないです笑

 

そんな人にお勧めなのが、テキストの該当箇所に大きな付箋を貼って、
そこにメモを書き込んでいくという方法です。

 

こうすると、テキストは汚れませんよね。

 

付箋をいっぱい貼るとテキストが厚くなってしまうという
デメリットは確かにありますが、結構おすすめです。

 

敢えて書くまでもないかもしれませんが、一点だけ付け加えておきます。

 

それは、否定しているのはノート作成であり、書くことを否定しているわけではないという事です。(当たり前ですが、、、)

 

制度の名称であったり、数字であったりを覚えるためには、
書くという行為は非常に有効です。

 

むしろ、実践してください笑

 

どういうわけか、書くという行為そのものを目的にしてしまう人が多いので、
この記事を書いたまでですから、
手を使って書いて、少しでも記憶に定着させるように頑張ってください。


当サイト独自の3つの特徴 簡単モチベーションアップ術! 合格体験記(完全版) なぜ3週間で合格できたのか?? 最強独学メソッド!!