FP試験に合格するには、全体像を把握して記憶に定着させる

FP試験に合格するには、全体像を把握して記憶に定着させる

FP試験に合格するには、全体像を把握して記憶に定着させる

 

FP試験というのは、他の試験と比較しても、非常に覚える事項が多いです。

 

 

特に、暗記が苦手な方であれば、なかなか記憶に定着させることができず、
モチベーションも下がり、勉強を挫折してしまうということにもなりかねません。

 

 

そこで今回は、効率的に記憶していくための方法についてご紹介します。

効率的な記憶方法

FP試験に合格するには、全体像を把握して記憶に定着させる

 

友達にパズルを解いてもらうとします。

 

 

ここで問題なのですが、
絶対にパズルを解かせないようにするには、どのようにすればいいでしょうか?

 

もちろん、パズルを隠すとか、
友達を痛めつけるとかそういった事ではありませんよ笑

 

すぐに結論を書いてしまいますが、それは「答えの絵を見せないこと」です。
更に答えにたどり着かけなくする方法が、「間違った絵を見せること」です。

 

参考になる絵がないと、「そのピースが何を意味してるのか?」が分からず、
パズルを完成させる事ができないんですね。

 

また、たとえ絵を完成させる事ができたとしても、
非常に時間がかかってしまいますし、途中で諦めてやめてしまうかもしれません。

 

また、間違った絵を見せることは、違うゴールに誘導するようなものですので、
そもそも絶対に絵を完成させることはできないのです。

 

 

 

これは、勉強も一緒です。

 

間違ったゴールを目指すことはないかもしれませんが、
どうすればゴールにたどり着くことが出来るかという青写真が描けずに、
試験に不合格になってしまう人が非常に多いです。

 

そもそも、どういう方法が合格までの最短ルートであるかなんて、
全く考えたことがない人の方が、圧倒的多数派でしょう。

 

これだと、何度も回り道を繰り返しながら
合格というゴールを目指すことになりますから、
非常に無駄が多いやり方であると、言わざるを得ません。

 

 

 

しかし逆に言えば、
最初から答えを知っていれば、効率的にゴールに向かう事ができるようになります。

 

答えの絵を見なかった場合には、回り道をしながらゴールに辿り着きますが、
答えの絵を見た場合には、まっすぐ一直線にゴールに辿り着けるのです。

 

 

FPについて言えば・・・

FP試験に合格するには、全体像を把握して記憶に定着させる

 

話が長くなってしまいましたが、
これをFPについて当てはめるとどのようになるでしょうか?

 

 

答えは簡単です。

 

最初に、全体像が見えていない人は、
資格取得というゴールにたどり着けないか、途中で挫折してしまいます。

 

たとえ資格を取れたとしても、
そのゴールまでには非常に無駄が多く、勉強時間も相当かかってしまうのです。

 

かなり非効率です。

 

ですからそうならないためにも、まずは、
FP試験の全体像を把握することから始めましょう。

 

 

ただFPに関して言えば、6つの章がそれぞれ独立していますので、
1章ごとに全体像を把握しましょう。

 

 

全体像を把握する方法としては、

  • 高速で、参考書を勉強する方法(流し読みでOK)
  • 既にFPを持っている人に概要を聞く方法
  • マンガや雑誌などを読んで、イメージを掴む方法

などがあります。

 

もし知人の中に、金融業界の方や、既にFPに合格されている方がいるなら、
その方に概要について聞いてみましょう。
やはり経験者の声というのは、最も参考になります。

 

ただ、その人がFPを取得してしばらく経っている場合には、
そもそも試験内容について忘れている可能性がありますので、
その点はご注意ください。

 

個人的にオススメなのは、マンガや雑誌ですね。
マンガというのは、「漫画で分かる〜」みたいな本の事です。

 

そういった書籍を読むことによって、FPに対するイメージを鮮明に持てますし、
実生活では、FPの知識をどのように活かすかという事が、
鮮明に分かるようになります。

 

また、知らない分野の知識を最初にインプットするときは、
かなり抵抗がありますし脳も疲れてしまうものです。

 

しかし、マンガなどを使うとその抵抗が和らいで、
すんなりと全体像が把握できるようになるのが、また良いところですね。

 

勉強を開始する前や勉強期間中に、読んでみても良いのではないでしょうか?

 

 

 

おすすめ参考書

 

 

正確に表現するならば、
この本はイラストが豊富に掲載されている参考書であって、
マンガの要素は若干少ないです。

 

ただ、FPという試験の性質上、覚える事項が多く
文字の羅列になっているだけの参考書が多いことを考慮すれば、
非常に読みやすい一冊になっています。

 

やっぱり、勉強は続けてこそ意味があるものですから、
勉強の抵抗を少しでも軽減しようとしている本書は、
かなり評価できると思います。

 

興味を持たれた方は、ぜひ購入してみて下さい。


当サイト独自の3つの特徴 簡単モチベーションアップ術! 合格体験記(完全版) なぜ3週間で合格できたのか?? 最強独学メソッド!!