FP技能士の資格を取得するメリットと生活への活かし方

FP技能士の資格を取得するメリットと生活への活かし方

FP技能士,資格,取得,メリット,生活

 

「FPって聞いたことはあるけど、取ったら何かいい事あるの?」
「FPって、一体何に活かせるの?」
という疑問を持たれている方も、決して少なくないと思います。

 

 

そこで今回は、ファイナンシャル・プランニング技能士という資格が、
具体的にはどのようなメリットをもたらすのかについて、解説していこうと思います。

FPの資格を取得すると、こんな良いことがある!

FP技能士の資格を取得するメリットと生活への活かし方

 

自分の生活に活かせる

FPの試験内容というのは、個人の生活と非常に深く結びついています。

 

 

その試験内容は、社会保険制度、保険、経済・金融、税金、不動産、相続であり、
お金に関する事項の全てを網羅していると言っても、過言ではありません。

 

 

こういった知識を活かすことによって、

 

  • 社会保証を上手に使って、保険料を節約できる
  • 自分や家族にとって適切な保険の種類や額が分かる
  • 日経新聞やニュースの内容が、より深く理解できるようになる
  • 税金の知識を生かし、所得税などを節約できる
  • 「争続」に陥らないように、あらかじめ手立てを打つことができる

 

といった事が可能となります。

 

 

 

 

今後、ニーズが増加する分野の資格である

アベノミクスによる安定した株高の影響や、
株など税金が100万円まで非課税となるNISAなどによって、
資産運用」というニーズが
日に日に高まってきています。

 

一方で、消費税をはじめとする増税や、団塊の世代の高齢化に伴う相続問題など、
FPの試験対象となっている領域における知識が、もはや必須です。

 

 

 

就職や転職に際して、有利に働くことがある

FPというのは、「お金に関すること全て」について学ぶ資格です。

 

FPの資格を取得しているという事は、
金融や経済の基礎的な知識に関しては最低限身につけている、
ということを意味します。

 

ですので、金融業界はもちろんのこと、どんな業界の職種であれ、
活かすことの出来る資格であると思います。

 

また、FPの試験範囲は本当に広範にわたっていますので、
「雑談のタネ」としても非常に有効ですね。

 

ただ、FPの資格を持っているだけでは、内定や転職は決まりません。

 

重要なのはむしろ、「どうしてFPを取得したか」や、
どのように試験に取り組んだか」といった観点であることは、
絶対に忘れないようにしましょう。

 

 

 

 

新聞がより深く理解できるようになる

新聞のニュースというのは、やはり「経済」が中心ですし、
一面のニュースも経済系が非常に多いです。

 

選挙がであっても、
「今後の日本経済を、どのように成長させていくか」といった観点が、
非常に重要視されます。

 

ですので、ファイナンシャルプランナーの勉強を通して、
金融や経済、税制、公的な保証制度などに関するモノの見方を習得しておくことは、
社会をより深く理解する上で、非常に重要なことなのです。

 

FPは、社会人としての基礎教養と言っても過言ではないと思います。


当サイト独自の3つの特徴 簡単モチベーションアップ術! 合格体験記(完全版) なぜ3週間で合格できたのか?? 最強独学メソッド!!